スポンサーリンク

嵐のドキュメンタリーをネットフリックスで見た感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは\(^o^)/猫ママです。

今日は、おかが、ディに行ってくれたおかげで、お部屋も綺麗。

久しぶりにゆっくりさせてもらったので、ネットフリックスで、嵐のドキュメンタリーを見た。

別にファンでもないのだが…好奇心が勝ったの。

嵐ファンはきっとネットフリックスに加入したんだろうなぁ。

スポンサーリンク

嵐の二宮和也氏の台詞が印象的だった

芸能界に疎い私でも、嵐の二宮和也氏が結婚して嵐に亀裂が…という話は知っていた。

好きに生きれない代償に、成功があるアイドルは本当にキツい職業だと思う。

まー、結婚相手の年齢もあって、結婚を急いだんだと思う。

活動休止まで待てなかったのか、という意見もあるが…アラフォーの1年は貴重だよね。

まぁ、ファンじゃないから別に結婚くらい、いいじゃんって思っちゃうワケだが。

嵐のドキュメンタリーを見た感想は…

まず。

嵐ってめっちゃ人気あるのね。

ライブの様子とか、映るんだが、まーファンの熱狂的なこと。

第一話は、メンバーの断片的なインタビューとライブ映像、20年で発表した楽曲(およそ400曲!)の紹介だった。

ファンではない私でも、知ってる曲があったよ、もちろん。

大体、20分弱のドキュメンタリーだったが…。

1番印象的だったのが、二宮和也氏の台詞だった。

以下、ネタバレなので、見たくない人は、スルー推奨。

やりきった20年

二宮和也氏は、もう一度、この人生をやりたいかと言われたら、やりたくないと断言した。

20年やりきったから、またやりたくないと。

私はねー、この台詞を言える彼の人生って、凄いと思ったのね。

私の20年って…?って。

やりきったと言えるか?

答えはノーだ。

日々、惰性で生きてるし、怠けていないけど…この台詞が言える人生って凄いよ。

この台詞だけで、もう尊敬するよ。

だからね、もう、この先の人生は、好きに生きていいんじゃない?って思っちゃう。

私、二宮和也氏のファンでもないけど、何だかこの台詞で凄い好きになった。

1話めは消化不良

二宮和也氏のこの台詞を聞けただけでも、見た価値はあったと思う。

しかし、インタビューが一言一言の断片的なもので、前後が良く分からないし、ライブ映像も細切れだしで…

要するに、消化不良だ。

まぁ、プロローグ的な位置づけなのか?

次がいつ配信なのか分からないが、もし気が向けば、2話の感想も書くかも。

一生懸命生きてる人って、素晴らしいなー。

今日のにゃんまる。

側にいる。

かわいい\(^o^)/

本日も最後までお読み頂きありがとうございました(ΦωΦ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました