スポンサーリンク

ゲストアシスタンスカード 肢体不自由な障害児ディズニーランドで優しくされる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんはー。今日の寒さは、何なのー。猫ママ、おかを連れて冷雨の中、母子通園に頑張って行った…。

心が折れる雨…。行くかサボるか、直前まで、窓の外を見ながら、迷ったよ…。歩けない子を雨の中、連れて外に行くのは本当に大変なんだよー。

だけど、家にこもりきりじゃ、つまらないだろうから、頑張って、療育に連れて行ったよ。とほほ。疲れみ…。

さて、今日のお題は、夢の国、東京ディズニーランドです。

歩けない子供にとって、バリアフリーが徹底している夢の国は、オススメ。

今日は、その時の記事ですよー。

スポンサーリンク

障害児は、ディズニーランドに行くなら、ゲストアシスタンスカードを貰うべし

ディズニーランドには、ゲストアシスタントカードというものがあります。

ゲストアシスタンスカードは、疾病、負傷などにより体の機能が低下し(一時的な場合を含む)何らかのお手伝いを必要とされる方の、パークでの負担を軽減するためのサポートツールです。(公式ホームページより)

ゲストアシスタンスカードは、事前に電話して手配しておくのも、当日、手に入れることもオッケー🙆(だったのだが、事前受付は、2019年7月1日をもって終了らしい)

以下対象者

身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(愛の手帳、緑の手帳)をお持ちの方、および車イスを利用している方や高齢の方、妊娠中の方、疾病や負傷などにより体の機能が低下している方(公式ホームページより)

更に、障害者手帳を持っていて、列に並べる方と列に並べない方とで、発行方法が変わったらしい。詳しくは、公式ホームページを見てね。

何があったのかなー。

おかが、利用した時は、キャストにゲストアシスタンスカードに時間を書いてもらい、その時の待ち時間が30分だったら30分後に戻ってくれば、そのままキャストの案内で、入場出来ました。

要は列に並ばないで、他の場所で待っていられる、ということ。

列で、じっと待つということが、ハンデのある人は難しいんだよね…。

因みに、ディズニーランドは、障害者割引はない。ゲストアシスタンスカードだけ。

ショーでは、前の席に案内してもらえた

車椅子ということで、ショーでは前の方に案内してもらえました。車椅子の子供ということで、キャストのみなさんが、本当に優しくて、うるうるしちゃったわ。

ほとんどのキャラクターが、側に来てくれて優しくされて、嬉しかったです。ありがとう。

日頃、興味本位の目が多いので…車椅子の子供なんて、見慣れないから仕方がないんだろうけど、やっぱり嬉しいよね、優しくされると。

夢の国は、ハンデのある人たちに優しい

あと、印象的だったのが、フードコートで、席が空いてなくて待っていた時に、一人の女性が寄って来てくれて、

「もう出ますから、よかったら、どうぞ」

と言ってくれたこと。

見られることはあっても、そうやって直接優しい言葉をかけられることは街では、ほぼない。

だから、それも嬉しかったなぁ。

車椅子専用トイレも、混雑して並んでいたけれど、キャストが声をかけてくれ、優先して使わせて頂いた。

バリアフリーだし、みんな、夢の国ディズニーランドでは楽しくて、温かい雰囲気に満ちている。

そんな空気感にいると、おかのハンデなんて大したことない気になってくる。

社会全体が、そんな優しく幸福な空気になれば、いいのに。

おっと、話がそれたけどとにかく、夢の国、東京ディズニーランドはハンデっ子にとって、最高です!

以上。

では、また。


にほんブログ村

コメント

  1. 匿名希望 より:

    ブログを読まさせて頂きました。私もディズニーが大好きです。(自身にパーク指定の障害者手帳あり)ゲストアシスタンスカード(GAC)についてですが、今年の1月に原則、GACの発行に、障害者手帳の提示が必要になってからも、悪用や不正利用がなくならなかったようですね。その結果、今年の7月の中旬より、突然予告なしで、GACが廃止されてしまいました。従って現在では、名前も運用方法も、大きく変わっています。TDRの公式HPのバリアフリーの項目にも、記載されています。新名称は、「ディスアビリティアクセスサービス(略:DAS 障害者手帳があって、尚且つ通常の乗り物の列に並べない方用)」と、「合流利用サービス(略:SWS 障害者手帳はないが、高齢者や妊婦・一時的な病気やケガが理由で、通常のノリのもの列に並べない方用)」です。今回の大きな変更点は、DAS・SWS共に、同伴者も含む、今のファストパス(FP)みたいにデジタル化をしたこと。(GACの時のように、係員が紙に必要事項を記入する方式は、原則廃止されました。)またその待ち時間中に、スマホからFPが取れるようになったこと。GACの時と違い、DASが年パス所有者も、各乗り場での登録が可能になったこと。DASが登録時に、本人確認の為に、当日その場で係員による、顔写真撮影をする必要があるという事。そしてその顔写真と、パスポートや手帳の番号などを、運営側が控えて、専用の機械やスマホでしっかりと、紐付けするそうです。そこまでしないことには、悪用や不正利用がなくならないからなんでしょうね。とても悲しいです。

    • nekomama より:

      匿名希望さま

      そうなんですね!ビックリしました。それにしても…悪用する人がいるとは…。絶対数が多いから仕方がないのかなぁ。

      詳しい情報を提供して頂き、ありがとうございます(^o^)

      • 匿名希望 より:

        コメント有難うございます。お久しぶりですね。GACからDASに変わって、昨年の秋に初めてDASを利用させて頂きましたが、新制度はとっても使いやすいですね。もう今のスマホからのファストパスと同様で、全て原則は、アプリからの管理で、利用時間に近づいたら、スマホのランプが点滅し、音で教えてくれます。勿論今でいう、シーのあの大人気のソアリンにだって、DASが使えますよ。
        それで尚且つ、今年(2020)の4月1日からは、TDRにも他のレジャー施設と同様で、パークに入るのに必要な、「パスポートの障碍者割引が新しく導入」されますね。もうその事公式HPで発表あったし、テレビなどでも、そのことを紹介していましたよ。勿論現在あるDASは、割引導入後も変更や、改名など一切なしで、継続をする予定のようです。これで障碍者手帳所有者も、より一層パークが楽しめれそうですよね。

        • nekomama より:

          匿名希望さま

          お久しぶりです。コメントありがとうございます。

          そして、新たな情報をありがとうございます(ΦωΦ)

          ついに、障害者割引が始まったんですね!

          ディズニー利用しやすくなりましたね。嬉しいです。私も調べて、また記事にしたく思います(^o^)

タイトルとURLをコピーしました