スポンサーリンク

ダウン症の少年とゲイカップルの家族愛 映画チョコレートドーナツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近、色々やる事が多くて平穏な日が欲しい。

こんばんは\(^o^)/猫ママです。

家の打ち合わせ関連と年度末書類と、装具、在位保持椅子関連と更に、短期入所関連と…身辺が忙しい。

あとはハローワークに行って、失業保険の手続きをしたいなぁ…これはまたいづれメインで書きたい。

と、まぁ、障がい児を育てていると、福祉関連の雑用が山のよう。

で、もう、嫌になり、今日は何もしないって決めた!

掃除以外何もやらぬ。

で、ネットフリックスで、映画見た。

今日は、その話です。

スポンサーリンク

ダウン症の少年とゲイカップルのお話

今日観た、「チョコレートドーナツ」という映画は、ダウン症の少年とゲイカップルのお話。

で、私ごとですが、LGBTの人達に勝手に親近感を抱いています。

社会の少数派。

もうね、これに尽きる。

別にBLが高校時代に好きだったとかではないよ。

私、難病かつ重心児を産んで育てているから、ね。

私も我が子も、社会では、少数派なのだ。

偏見もあるだろうし差別もあるだろうし、でも生きていかなきゃいけない。

少数派ということで勝手に親近感を抱いているから、この

ダウン症とゲイカップルの物語

っていうのに興味が湧いた。

社会的少数派たちの物語。

ダウン症の男の子は、本当にダウン症の子供が出演している。

ゲイのお二人は、まぁ、演技だろうけど、自然だしとても上手だ。

実話を基にしたお話

この物語は、実話を基にしているらしい。

「育児放棄された障がい児を、ゲイの男性が育てた」

という実話に着想を得て、映画にしたという。

その実話はどうなったのか、気になるところ。

でも、映画もいいよ!

ネタバレになるから詳細は、言わないけども…。

映画『チョコレートドーナツ』予告編

映画は、私にとって、気分転換の一つであり、現実を忘れる方法。

やっぱり、辛いこともあるのだ…。

きっと、その辛さも慣れてしまっている。

状況は変わらないし、自分を変えるしかない。

_(:3」∠)_

子供が大きくなるに連れ大変さは増すのかな…と思うと、もう怖い。

_(:3」∠)_

大富豪だったら、ハワイに移住してた。

日本は、障がい者と生きるには、まだまだ大変だと思うので。

あー、ハワイ行きたい。

コロナウィルス、早く収束しないかなぁ。

とにかく、手洗いうがい。

人混みに近寄らない。

そうしよう。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました(ΦωΦ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました