スポンサーリンク

仮審査通って本審査 高血圧で本審査通るか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは(^o^)猫ママです。

最近、お家のことで毎週のように工務店に通っているの…。辛み。

肢体不自由な子供の為の、バリアフリーお家計画…あぁ、ついに数千万円の借金を負う決意をしたのよ(TдT)

人生は一度きり。

未来が永遠に続くと思っているから悩みは尽きない。

これ、どこかのブログで読んだ言葉。

なんか刺さったんだ、心に。

未来をあれこれ思うから、悩むんだ。

思えば、数年前。

子供が難病で凄く心が落ちて、這い上がるまで必死で、貝みたいに色んな不安に蓋をして、その時は未来を思わなかった。

それは正しい選択だったと思う。

いきなり、新生児の状態で難病だから将来歩けるか分からないと、医師に言われて冷静に受け入れる器はなかった。

だけど、数年が経ち次第に慣れていった。

人間慣れる。

子供が歩けないであろう現実も、受け入れてきた。

だから、数千万円の借金も怖いけど慣れるに違いないわー(TдT)

今、とても、新築ブルーです(TдT)

スポンサーリンク

地銀の仮審査は通った

猫パパ、地銀の仮審査は通った。

はー良かった。

しかし、残念ながら、8大疾病付きの住宅ローンは通らなかった。

何でだろう?年齢?

まあいいよ。

普通ので通れば問題ない。

そう思っている。

銀行が判断する仮審査には通ったが…?健康面で不安な場合、本審査は通る?

請負契約を地元の工務店と結んだ後に、猫パパは工務店の銀行担当と地銀へ行った。

猫ママはおかとお留守番。

約3時間して、ヘロヘロの猫パパが、自信なさげに帰宅した。

猫パパ「一波乱あるかもしれない。

猫ママ「え?どういうこと?」

猫パパ「本審査通るか分からない。高血圧だし…。」

猫ママ「…え?高血圧だとダメなん?」

猫パパ「なんか告知書書いたら、銀行の人が難しい顔しててさー。何とか通したいって銀行の人は言ったけど。」

猫ママ「えーーー?マジで?」

猫パパ「あーー。まあフラット35とかなら通るだろうし、他で通せばいいだけのことだけどさ。」

猫ママ「あー、でもそれじゃあ、金利がちょっと上がっちゃうね。」

猫パパ「そーなんだよ。で、どうする?頭金、200か300か?」

猫ママ「あーーー。どうしようね?」

猫パパ「二重ローン半年だし、引っ越し費用に、あと車でしょ?家具も買うし。」

猫ママ「あーーーーー、そうだよね。物入り過ぎる。」

新築めっちゃ金かかる。

(TдT)辛み。

しばらくもやしでも食べて生きのびる?

つなぎ融資か二重ローンか?

新築の場合、土地を購入してから家を建てるので、家賃とローンで出費が倍になるワケなのだが。

銀行の救済措置として、つなぎ融資ってのがある。

月々、1万だか2万(ごめん忘れた)払って、住宅ローンの開始を遅らせられるのだ。

ただ、これ、単に利子だけを払うので、借りているお金はビタ一文減らない。

もったいないねってことで、猫山さんちでは、住宅ローンを本審査が通ったら始めることにした。

つまり月々の支払が、今の2倍になるの、家が建つまで。辛み。

しかし、頭金を入れるより、住宅ローンの開始を始めてしまうほうが賢いと思う。(お金に余裕があれば)

早く始めればそれだけ早く終わるし。

本審査通るのかな?

本審査が通るかは、不明。保証会社が判断することなので。

ただ、仮審査が通ったら、大体本審査は通るもの、らしいのだ。

ただねえ、ゼロではないからね、通らないこともあるのかねぇ…。

猫パパ「住宅ローン早く始めた方がいいって健康面のこともあるんだね(TдT)」

意気消沈している猫パパ。

猫パパはアラフォー。

大体、アラフォーくらいから健康面に不安って出てくるもんなのかな?

で、猫山さんち、山あり谷ありで、中古住宅巡りから始まり、ついに新築一戸建てに向けて本格的に動き出しました。

最近、ブログ更新が滞ったのも、

神経を張り詰めていたから。

本当に、削られるよ、メンタル。

お家作りブレーンY氏曰く

「一番、メンタルやられるのが、請負契約まで。」

らしい。

で、お家ジプシーの続きを、また書こうと思う。

忘れないうちに。

肢体不自由児の家作り。

バリアフリーの家作り。

ゆるゆる更新していきます。

最後までお読み頂きありがとうございました(ΦωΦ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました