スポンサーリンク

障害者手帳の証明写真 座椅子に座れるようになった(涙

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは\(^o^)/猫ママです。

あぁー…ついに、ついに住宅ローンが来月から始まる。

家が建つまで、家賃と住宅ローンを払っていくスタイルです…。

猫山さんちは、つなぎ融資をしていない。

※つなぎ融資とは…住宅ローンの始まりを家が建つまで待ってくれる制度。但し、利子を月々1、2万円払わなくてはいけない。

つなぎ融資は、勿体無いので早々と、住宅ローンを返してゆくよ。 

お家のことは、また後で書くとして…。

今日は、障がいのある、我が子のことを書くよー。

スポンサーリンク

身体障害者手帳の更新

2年毎に、障害者手帳の更新がある。

我が子、おかは、歩行も出来ない障害者手帳1級である。

首は座っているが、座位は出来ない。

先天疾患由来である(切ない)

だから、基本、座位保持椅子に座らせる以外は、ゴロンスタイルなのね。

※座位保持椅子

※画像お借りしました。

で、身体障害者手帳って顔写真が必要なのである。

仰向けに寝かせて上から写真を撮るか、座位保持椅子に座らせて撮るか…どちらかしかない。

肢体不自由児は、写真館で証明写真を撮影出来ない。

あの、写真館の証明写真の簡易的な背もたれのない椅子に、まず座れない。

(猫山さんちの近隣の写真館での話。バギーに座らせて撮影なら撮れるかも)

なので、自宅で撮る。

ったデータを(スマホでもデジカメでも)写真館で持っていけば、証明写真を作ってくれる。

去年は仰向けに寝かせて撮った。

で、今年は…座位保持椅子に座らせてパチリと撮った。

しかし…背後がなぁ…。

なんか気に入らなくて、試しに座椅子に座らせてみた。

座椅子に座らせた結果

座椅子は、シンプルなもので、背もたれしかない。

倒れても大丈夫なように、座椅子の横にクッションを敷いた。

で、座椅子に座らせても、左右に傾かない…。

あれ?

座椅子に座れる?

しばらく、見ていたが、座れる!

座椅子に座れるようになった!

う、嬉しい(涙

分かりにくい成長

定型発達の子供と違って、ハンデっ子の成長は遅い。

ゆーっくり。

あまりにゆっくり過ぎて、最近では、諦めた。

特に身体機能。

努力でどうにかなるレベルではない。

だが、毎週、PT(理学療法)は入っているし、やれることはやっている。

OT(作業療法)も毎週入れている。

やれることはやっていて、でも、諦念もある。

で、今回のように、気付くと、

あ、座れるようになってる!ってご褒美のような、成長の機会に出くわす。

あー…無駄ではないのだなと思う。

(TдT)

今後も、ゆっくりでいいから、成長が見られるといいな…。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました(ΦωΦ)

介護と障がい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
nekomamaをフォローする
スポンサーリンク
猫山さんち

コメント

タイトルとURLをコピーしました