スポンサーリンク

毎月の大学病院での血液検査

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは(^o^)猫ママです。

ついに、風の時代の到来ですね!

220年ぶりに、土の時代から風の時代へ、と変わる。

これ、凄いことよ。

私はちょうどこの時代の変化の時に、ちょうどアラフォーなのでね、風の時代を数十年は見れる…はず。

これからの風の時代は、いい時代になるといいなぁ、と思う。

物質中心、お金中心の時代から、精神的なことが重視される時代へ。

なるらしい。

これは、多くの占星術の先生が言ってることで、これから土の時代で権威を得ていた人たちがその権威を失ってゆくんじゃないかなぁ…と。

どう考えても、世の中色々おかしいことが沢山あったもんねぇ。

つーか、今もだけど。

竹槍でB29を撃ち落とそうとした祖先を、笑えないよ、今の世の中。

まあいい。

これからは個の時代!

楽しみだわー。

今日は、大学病院の話。

スポンサーリンク

毎月の血液検査

おかは、大学病院で一ヶ月に1度血液検査を受けている。

生まれつきの難病で、いつ発症するか分からなかったから、1歳の頃から血液検査は欠かさなかった。

今年の夏。

急に数値が悪化した。

そこから、毎月毎月大学病院へ血液検査に行かなくてはならなくなった。

おかは、腎不全だ。

30%しかおかの腎臓は働いていない。

そして一度壊れると、2度と腎臓は良くならないと言われている。

西洋医学を信用していない私は、ありとあらゆる方法でおかの病気の現状維持をはかっている。

食生活ではなく、遺伝子からくる病気…

これに太刀打ちするのは、至難だわ…

現代の病気の8割は、食品添加物や薬、間違った医療によるものだと思う。

時代がもう少し進めば、明らかになるはずだ。

隠された医療の開示も望むが、今、私がおかに出来るのは西洋医学のみなのよね…。

本当は、東洋医学からもアプローチしたい。

儲からないからなのか、保険適用されないからなのか、東洋医学ってマイナーだよねぇ…。

我が家の近くに、腎臓に特化した東洋医学を受けられる場所はない…。

大学病院での検査結果

で、先日の大学病院での結果だが、とりあえず、数値の悪化はなかった。

低空飛行のまま、現状維持だ。

いづれ、悪化してしまえば人工透析か、腎移植かあるいは、それをしないで投薬のみという選択肢もある。

…いつまで、生きられるか?という恐怖は常にある。

透析でも長くは生きられない。

移植だってリスクがある。

根本的治療が、存在しない。

まだ、小学校にも行っていないのに…。

食事について。

日本の食は残念ながら安全とは言い難い。

知っているが故に、おかには、自然由来のものしかほぼ与えていなかった。

それでも、発症してしまった…。

暴飲暴食してた訳でもないし、加工食品はそんなに与えていなかったのにな…。

毎月、テスト結果を見るような気持ちで、大学病院の血液検査を聞く。

血液検査を待つ時間は本当に怖い。

今月も、大丈夫だった…と安心してまた一ヶ月、頑張るしかない。

…頑張る…本当にね、毎日、足つぼマッサージやら色々やっている。

今度、まとめて書こうと思う。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました(ΦωΦ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました