スポンサーリンク

秋は鬼門 厄介だわ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは(^o^)猫ママです。

身体の弱い肢体不自由児にとって、秋は鬼門です。

夜暑くて、エアコンを付けたままにしていたら、夜中から朝方にかけて、急に寒くなってしまい、おか、風邪引いた…(TдT)

そこから始まる、夜中のグズり。

何が辛いって、子供が眠れないと親も眠れないのよね。

そして具合が悪くなると、一日中振り回される。

我が夫、猫パパは疲労困憊している。

以前に記事にした、神対応ぶりで、おかの面倒を色々みてくれた…結果、疲れ果てておる。

ありがとうm(_ _)m

スポンサーリンク

秋の寒暖差で喘息になり、眠れない

我が子は、息が苦しくて、夜、起きてしまい昨夜は散々だった。

おか、4時起床。

おか、そこからぎゃんぎゃん、泣きわめく。

あぁもう、何なの。何度寝かしつけても、すぐ起きてしまう。

猫パパ「おか、苦しいのかも。吸入しようか?」

吸入とは、喘息発作を抑える薬を吸入器で吸わせること。

これ、夜中にかぁーーー辛み。

しかし、寝かしつけてもダメな時は、吸入が本当に効く。

眠い中、薬を投入…しかし、起動しない。

え、壊れた?

猫パパ「ちょっと説明書みよう。」

そう言い、フィルターが詰まっているのかも、となり、フィルターをいじっていたが、なんとフィルターの交換部品がない。

やばい。

猫ママ「そんなダメになるかなぁ。…換えはないわ(TдT)」

猫パパ「うーん。今日はまだ大丈夫だけど、買った方がいいね。」

フィルターをセットしなおし、電源を入れてみると…

動いた!

これで、吸入は大丈夫!

そして、吸入後、すうっと眠りに落ちた。

朝、8時半起床

変な時間に中途半端に起こされると、私は眠れなくなる。

おかが起きてから、再び寝入るまで40分はかかった。

結局、猫ママ、6時過ぎまで眠れなかった上に、8時半に起こされて、トータル、5時間くらいしか寝ていない。

眠い。

障がい児親あるあるだと思うけど、夜、眠れない日があるよね。

私なんて、何甘いこと言ってんだって思われるだろうけど、もっともっと、過酷な介護環境にいるママもいるワケで。

医療的ケアのある子供のママは、もっともっと眠れないんだろう。

日中は猫パパが介護を

猫パパが、おかの食事介助をしてくれた。

おかのオムツも換えてくれた。

今日は、咳き込みと鼻水が多くて、苦し気だった。

夕方になり、ご飯も食べずに寝入ってしまったが、時々起きる。

浅い眠り。

起こさないように、そーっとそーっと家事をやる。

そこで、猫山がニャーニャーうるさくて、起きてしまう。

つ、辛み。

こっぴどく、猫山を叱り、起きて愚図っているおかをお風呂に入れる。

再び、寝入るおか。

だが、30分ほどでくしゃみ鼻水で、起きてしまう。

ご飯をあげよう、となり(午後10時)、しかしご飯は食べず、水をガバガバ飲む。

ご飯を口に入れるも、怒り出すので食欲はないのだろう。

そして、再び、布団に連れて行き……

今に至る。

今日は、寝てくれるだろうか?

不明だ(TдT)

どんな子供を育てていても

健常児であれ、障がい児であれ、子供を育てるのは大変だと思う。

ただやっぱり、障がい児は…特に知的障がいがあると難しいと思う。

心が折れることもある。

もう、健常児の子供と比較して落ち込む時期は過ぎたが、対応の難しさには困るばかり。

今日も愚図ってばかりいる。

あー辛い。

だが、親を辞めるわけにはいかないし、頑張らないとね。

今日も愚痴になってしまったねぇ…

本日も最後までお読み頂きありがとうございました(ΦωΦ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました