スポンサーリンク

1年前の書類に入れたってさ 小児慢性受給者証更新の巻

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは\(^o^)/猫ママです。

8月ももう、終わりだねぇ。今年の夏は何だか短いなぁー。お盆休みも、海くらいしか行かなかった。←ドケチ

肢体不自由かつ知的障害の、我が子が楽しめるのって、やはり五感に訴えるものなんだなぁー…と再認識した。

海で大はしゃぎ!

プールも好きだし。

お祭りとかはダメだった…。

で、今日は昨日の記事の続き。

あくまで猫ママの市の話だと思うのだけれど…難病受給者証の更新手続に行ったついでに、小児慢性の更新書類が届かないよって話を聞いてきた。

スポンサーリンク

小児慢性受給者証の更新書類が届かない理由

難病受給者証の更新手続済ませた後、担当の人に聞いてみた。

猫ママ「あのー…難病受給者証の更新書類は届いたんですけど、小児慢性の方が届かないんです。どうしてでしょうか?」

難病担当「あ、ああ。あのですね、小児慢性の方は、受給者証と一緒に更新書類が1年前に届いたはずですよー…。」

猫ママ「え?そうなんですか?(ええーーーーーーー?本当に?)」

つーか、気付かず捨てたかな?

もはや、1年前の記憶なんて、定かではないわ。

難病担当「えーと、小児慢性の担当に書類を持ってきてもらいますね。少々お待ち下さい。」

しばらく待つと、別の人が現れた。

小児慢性担当「お待たせしました。こちらが更新書類になりますね。」

猫ママ「あの、難病と小児慢性って提出書類が被るじゃないですか?一緒に更新すれば一部だけでいいんでしょうか?」

住民票

課税証明書

保険証のコピー

書類を市役所まで行って揃えるのが、面倒だしお金もね、かかるからね…。

難病担当「ああ、はい。大丈夫ですよ。そーですねえ、7月くらいなら一緒に更新出来ますね。」

猫ママ「そうですか。では来年は、そうしますね。」

ふーやれやれ。

難病と小児慢性って管轄が違うのかね?

タイトル通り。

何で更新書類の対応が違うんだろう?

まぁ、気付かずにいた猫ママが悪いんだけどさー…ブツブツ

難病患者って、人口の0.1%未満らしい。

少ないねぇ。

おか(我が子)の病気を持っている人も、日本で100人くらいしかいないかもねぇ。

ただ、我が子を含め、私は難病患者とリアルに接する機会が、おかを産んでから増えた。

普通に会社員をしていたら、接することがなかった人達。

難病患者だけではなく、ハンデを負った子達もね。

大変だよなぁ、子も親も。

つーか私もね(TдT)

けど、経験値でいったら相当面白いと思うのね。

とても難しいよ、子育て。

普通手に入らない知識が、嫌でも身につくよー。

あぁ、なんかまとまらないわ。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました(ΦωΦ)

果たして、どれくらいの需要があるのか、今日の記事…まあいいか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました