スポンサーリンク

腹痛…ママが病気でパパ介護 障がい児の短期入所と相談支援員さんの話

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こ、こんにちはー。猫ママです。

TдT

更新が滞っているのには、理由があり、絶不調でした。

腹痛と下痢…トイレとお友達状態…。

猫パパが、おかの面倒をみてる。

昨日は私に煮込みうどんを作り、おかの食事を用意してあげて…あぁああありがとう。…

お皿も洗ってくれた。

イクメン。

昨日は更新してないのに、65人も来てくれたー。本当にありがとうございます(TдT)

腹痛に関しては、原因が不明…疲れかねぇ。

辛み。

本当に健康は大切だとしみじみ思った。

身体は資本っす。

三連休を寝て過ごして終るの図。

辛み。

切なみ。

スポンサーリンク

障がい児の短期入所先を考える

今週は私が、先週は猫パパがダウンした。

面倒をみている二人が、倒れるとたちまち、おかの介護に支障が出る。

両親の状態もだけれど、前々から思っていた。冠婚葬祭の時の預け先が欲しい、と。

つ、連れてけねぇー。

ずっと大人しく車椅子に乗っていてくれないから。

まぁ、飽きたら泣くよね。

騒ぐよね。

療育の先生にも言われたんだよね…どこか一泊で短期入所出来る場所を、親が元気な時から確保しておくべきだ、と。

色んなブログを徘徊してると、子供にレスパイト入院をしてもらう親御さんがいて、私も気にはなっていた。

…が、おかは、医療的ケアはなくて、レスパイト出来るのかなぁと思っていた。

結果、探していなかった。

だが、今は専業主婦だし、何もないうちから、緊急預け先を探して確保しておくべきかなーと思った。

※レスパイト入院…介護者の休息の為の被介護者の入院のこと。他に冠婚葬祭とか。

相談支援員さんを、付ける

最近、相談支援員さんに付いてもらうことにした。

相談支援員さんとは何ぞや。

猫ママも実はまだよく分かってない。

おかが利用している児童ディの面談で、

「おかちゃん、相談支援員さんを付けてもらってないですよね。付けてもらったらいいと思いますよー。お母さんが、楽になりますよ。」

と言われた。

猫ママ「えーと…具体的に何をしてくれるんですか?」

ディの人「支援計画を考えてくれたり、あと色々うまくやってくれます。」

猫ママ「???そうなんですねぇ。」

障がい児を育てて思うのは、こちらから情報を掴んでいかないと、何も与えられないことだ。

相談支援員もしかり。

よく分からないが、とりあえず付けてもらうことにしたよ。

何か、相談支援員を付けてもらって良かった!ってことがあれば、またブログに書きます!

家探しに終止符か?

この腹痛の中、家の打ち合わせにも行って来た。

お家ジプシーシリーズを暫く書いていないが、

バリアフリーの注文住宅を購入する方向になるかもしれない。

一応、中古住宅も考えてはいたんだけどね…。

猫山さんちの場合、建売住宅の平屋でも注文住宅の平屋でも200万円くらいしか変わらないんだよねぇ。(注文住宅のほうが200万円高いのね)

そもそも建売住宅の平屋がレアだがな。

今回の注文住宅見積りで、やたら強調されたのが、

建売住宅よりもグレードが高い。という部分。

サッシとか、断熱材とか、壁材とか。

結構あったな。それで200万円しか違わないとか、もーよう分からん。

おいおい書いてくよー。

注文住宅に決めたら、

重症心身障害児の為のバリアフリーのお家作り

をシリーズで書いてくつもり。

あれば、私が読みたかったバリアフリー平屋のお家かつ重症心身障害児対応の家作りを書いていくよ。

ちなみに、不定期更新っす。

まだ、調子が戻らないです。

完治したら、一日一更新頑張るわ(ToT)

本日も最後までお読み頂きありがとうございました(ΦωΦ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました