スポンサーリンク

障がい児の癇癪。 言霊の力 言葉が現実を変える衝撃の実験

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは\(^o^)/猫ママです。

一昨日、猫の記事を書いたら、アクセス激減!全く需要なし。やっぱ、猫山じゃダメかー。

と切なく思ってる。

猫山さんちの主人公なのにぃー。

ちぇっ。

スポンサーリンク

障がい児の癇癪と母の怒り 冷静な父

えーーーと。我が家の難病かつ障がいのある子供、おか、も癇癪がある。

おそらく、自分の欲求を言葉で伝えれないから、癇癪で表現するんだろうけど…

あーーーーしんどい。

ついに、こっちも切れる。

特に夜中起きてしまった時は…

つい、暴言をしてしまう。

ずーっと怒ってるし、ゴロゴロ転がってるし。寝ればいいのに、寝れなくて怒ってる。

知らんがな。私は眠いんだ。

抱っこもダメ。怒りおさまらない。

ついに、放置。

よくないとは思うけど、私はしょっちゅう釣られて怒ってたし、その度に、猫パパが隣室からやって来て、あやしてくれる。

いかんねぇ。

おかの癇癪は、眠い時、つまらない時。

気の短い母…ごめんなさい。

でもさー、人間だもん、仕方がないよね。

この、癇癪って大人になったらおさまるんだろうか…。大きくなっても、怒ってたら辛み。

暴言と愛ある言葉 言霊の力

そんな私が、改心した動画があって。

【言霊の力】ことばが現実を変える衝撃の実験|しあわせ心理学

これ。

これ、卵と食パン2つにそれぞれ

「ありがとう 大好き うれしい」

「めんどくさい うざい うっとうしい」

と言い続けた実験の動画。

これがねぇ、大きな差になって出てくるという。

食パンのカビのはえ方に変化が!

悪い言葉を浴びせた方はカビだらけ。

良い言葉はほとんどカビがはえない。

卵は動画を見てね。

で、私は、おかが癇癪を起こした時に暴言を吐いてしまっていたのを、反省した。

卵とパンでこの差が出るなら、人間はもっと効果が出る?良くも悪くも。

ちょっとぞーっとしたので。

癇癪につられて、怒りに震える時もぐっとこらえて、

「どーしたの?いい子だねぇ、大丈夫だよー。大丈夫ー。」

と、言うよう努力している。

言葉ってあなどれない。

そう思って、単純な猫ママは、めんどくさがりだけど、この動画に習って、雑用をやる時も、「めんどくさいな」ではなく「いっちょやるか」と言うようにしてる。

要は、+言葉を使えってことなんだよね。

猫にも夫にも愛ある言葉を

改心した猫ママ。

にゃんずにも、特に、病んでいる猫山には、

「かわいいねぇ。いい子だねぇ。

を連発するようにした。

猫パパにも

「いい旦那さんだねえ。いいパパだねえ。」

を言うように。

猫パパは少々気味悪がっているが、言うのはタダなので、言うようにしてる。

実際、私におやつを買って来てくれたり、子煩悩だったりで猫パパに、言う機会は山ほどある。

ありがたやー。

言霊実験、引き続き自宅でやってみます!

最後までお読み頂き、ありがとうございました(ΦωΦ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました