スポンサーリンク

お家ジプシー19 賃貸と同じ金額で家が購入出来る?の罠 中古物件築39年を見に行くその2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは\(^o^)/猫ママです。

昨夜は、新スマホと格闘しておりまして…そっちに気持ちを持っていかれて、お家ジプシー記事、書けなかった。読んで頂いてる方、すいません。

スマホ、2年経たないで故障してしまったので、新しいスマホは長持ちさせたいなぁ。

では、お家ジプシー始まり始まり。

スポンサーリンク

不動産屋の新人、高畑君の上司現る

徒歩で5分の不動産屋さんへ行くと、高畑君の他にもう一名上司がいた。

なんか、こう、フラッシュバックした。新人の後に必ず現れる上司。

以前新築一戸建ての話を聞きに行ったw工務店を…。

高畑君と上司の方…古谷さんは、名刺をくれた。猫ママ、もう不動産屋さんやハウスメーカーの名刺だらけ。正直、そろそろ貰いたくない。

古谷さんはニコニコした人だった。飲み物を頂いて、面談が始まった。

中古物件か新築物件か家賃と同じ値段でお家が購入出来る、の罠

古谷さん「本日はご足労頂いてありがとうございました。先日、高畑が、お話を伺ったそうで…平屋をお考えなんですよね。」

猫ママ「はい。ですが、平屋ってなかなか中古物件はないですねー。」

古谷さん「これなんかは、いかがですか?」

と、以前、見に行った事故物件をパソコン画面で見せられた。↓

あぁー。

猫ママ「えーと…それは事故物件だったんですよ。なんかお年寄りが亡くなったみたいで…。」

古谷さん「あぁ、そうでしたか。でも、あれですよ。それを気にしていたら、中古物件は難しいですよ。そういうケース多いですからね。やはり、親が亡くなって、家を手放すケースがほとんどですから。」

猫ママ「あーそうなんですね。出来れば中古がいいとは思うんですよねぇ。でも、そうですかー…。ご自宅で亡くなられるケース、多いですか…。」

私は、出来ればそういう家に住むのは避けたいが、それはワガママなんだろうか…。

古谷さん「そうですねぇ。多いですよ。」

猫ママ「…新築はやっぱり、高いなという印象があるんですね…。で、結構手放す人も多いって、この前聞きましたけど…。」

古谷さん「そうですねぇ。高畑がお伝えしたと思うんですが、新築も、建てて2,3年くらいで、やっぱり生活が苦しい、と言って手放す方が多いです。」

猫ママ「それってどういうことでしょう?」

古谷さん「よく、家賃と同じ値段で家が買えるってチラシとかで、言っているじゃないですか?あれは、実際は違いますよね。固定資産税もありますし、修繕費も積み立てておきたいところです。」

猫ママ「はい。」

古谷さん「ですから、実際のところ、毎月のローンプラス2万円はみておいたほうがいい。」

猫ママ「あぁーなるほど…。」

古谷さん「特に若い人に多いですね。ハウスメーカーに勧められるがままに、大きなローンを背負っちゃって、やっぱり生活が苦しいってことで売りに出す。けれど、買ったとき以上の値段で売却出来ないので、負債は残ってしまう。やはり、メーカー側としては売りたいですし、ね。そこらへん、冷静に見極めることが大切だと思います。」

猫ママ「怖い話ですねぇ。」

猫ママ、この前見に行った、負のオーラ物件を思い出した。

古谷さん「そうですね。だから、実際は家賃と同じ金額だけじゃ購入は難しいです。そこの感覚を間違えると後で、後悔することになると思います。」

猫ママ「あぁー。やっぱり、中古物件かなぁ…。」

ローン返済月々5万円なら、7万円は毎月かかると考えなきゃいけない…。

中古物件築39年の、内覧予約をする

古谷さん「もしですね、中古物件で何かいいものがあればと思いまして、高畑に用意させました。」

高畑くん「これなんですが…。」

そこには、中古物件の数々のプリントが…猫ママ大体知っていた。毎日、SUUMOを眺める日々だったから。

物件は、二階の戸建てがほとんどだ。

あぁ、仕方がない。Y氏紹介物件を言うか…。

猫ママ「…実は見に行こうと思っている物件があるんです。〇〇の築39年の物件で、特別支援学校も近くて、一階部分も広い。ちょっと気になってるんですよね。」

古谷さん「あぁ、なんか見ました、今朝それ。ちょっと、探しますね。」

目の前に置かれたパソコンの画面に、Y氏オススメの中古物件情報が出た。

猫ママ「ああ、これです。」

古谷さん「これですか。確かに、一階部分が広くて使い勝手もいいかもしれませんね。これ、見に行きましょうか?扱っている不動産会社は別でも系列が一緒なので、大丈夫です。」

猫ママ「あ、そうなんですか?」

古谷さん「はい。あと自社にはリフォーム部門もありまして、そのスタッフも同行させましょう。一緒に見ることで、大方のリフォーム費用も分かるでしょうし。」

猫ママ「それは、助かります!中古って状態が分からないと、難しいですもんね。」

古谷さん「そうですね。それはプロがうちにいますんで、同行させて一緒に内覧しましょう。」

ということで、後日行くことになった。

中古物件か新築一戸建てか

猫ママは、現在無職。

中古物件で散々、石ころ(我が家にとっての)を拾いつつも、新築を買うのは勇気がいる。

どこかに。玉石混交の玉はないものだろうか。

新築。魅力はある。

しかし、毎月のローンに加え、固定資産税と修繕費。

持っていればやがて、傷む、それが持ち家。

20年くらいしたら、そこここがダメになって修繕ってのも当然出てくるよね。

35年ローンっていうのも…辛み。

70歳を越えるまでローンが残っている事態を何とかせねばならない。

やっぱり、働かないとダメかなぁ。

中古物件のほうがローンの負担も小さくていいし、固定資産税も安いよね…。

ただあまりに古いと、リフォーム費用が大きくなってしまう。

そのへんの兼ね合いがね…。難しいよ。

猫山さんち、まだまだ熟考が必要です。

ってことで、今日はおしまい。

最後までお読み頂きありがとうございました(ΦωΦ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました