スポンサーリンク

障がい児ママ界の話 社交的なママ、頑張るママ 閉じたママ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは\(^o^)/猫ママです。

今日は、障がい児ママ界のお話。

とは言っても、私が関わるのは主に、肢体不自由児のママが多い。知的の方のママにも知り合いはいるけどねー(療育の役員経験アリ)

健常児ママ界はどうだか、分からないが障がい児ママ界は分かる。

大体どこも似たりよったりなんだろうか?

圧倒的に数が少ないんで、(特に肢体不自由児)大体利用している施設は被るし、おのずと顔見知りも増えてくる。

そこここに知り合いが増えていて、中学生や成人したママの知り合いもいる。

自らが動けば動くほど、色んな繋がりは出て来るよね。

そういう繋がり大事だわ。

スポンサーリンク

行政に働きかけたり、クリスマス会を主催したり…パワフルなママ

我が地元で、とてもパワフルなママがいる。

きっとどこの街でもいるんだろうなぁ、とは思う。

もう、尊敬の域に達している。

ディサービスの保護者会を作ったり、医療ケアの会を作ったり、病院の保護者会を作ったり…はては行政に働きかけたり…す、凄い。

私が知るだけでも、5人はいる。

彼女たちの凄いところは、自分の子供のことだけに関わらず、同じ地域の別の子供たちのことも考えて行動しているところだ。

ある程度、自分の子供の成長が見越せたから来る余裕なのかもしれないが、いやー…自ら保護者会立ち上げるとか、私には無理だわ…と思う。

そういう元気なママ達と話すといい刺激を貰えるし、元気にもなるのだが。

ただただ、尊敬じゃ。

きっと人と接するのが好きなんだろうし、苦ではないんだろうし。

(私も人嫌いなとがった頃もあったが、大人になって大分マシになった。人と話すのは面白いよね。)

だが…そんなパワフルママ達は、本当に真剣に地域の事を考えているし、行政とも関わっていってるし、本当に凄いと思うの。

私にはそんな情熱がない。

ただ、そんなパワフルママを見ているのは好き。

凄いなー。

面白いなー。

って。

ハンデっ子のママ達は、みんな何かしらの苦労を抱えているから、お互い同士みたいなもんでね、仲良くなるのも早いような気がするんだよね。

勿論、子供の大変さはそれぞれ違うけどね。

そういうパワフルママのおかげで、色んな情報を貰えるし、本当に感謝です。

比較してしまうととことん暗くなる

障がい、と一言で言っても重さもそれぞれ違う。

軽ければ軽いほど、健常児と比較して辛くなりそうだし…重ければそれはそれで大変な面がある。

我が家は、身体的にも知的にも重い。

だから、もっともっと小さな頃は、歩ける子が羨ましかった。

歩けること、が1番の関心ごとで、歩ける子を我が子と比較して、羨ましくて仕方がなかった。

身体的に問題のない知的障害の子のママたちが、

「あー、知的障害なくていいよね、○○ちゃんは。」

なんて言ってたことがある。○○ちゃんは、多分、発達障害の方なのだろう。

だが…それを言っていたママたちに

「いいじゃん、歩けるだけで。」

とは…言えなかった。

だが…内心は

歩けるだけいいじゃん、って思っていた。

どんなにリハビリを頑張ったところで、生来、歩くという機能が失われているのだ、我が子は。

比較して辛くなる。

その時期は、3歳くらいがピークだったかな。

3歳くらいでおおよその、発達段階が見えてくるから。

どのママも3歳くらいまでは必死な感じがする。

リハビリすれば、療育に通えば、小さなうちに頑張れば、何とかなるかも、何とかしなきゃ、という思い。

あぁ、辛い。

さすがに、今は、その気持ちはなくなった。

歩けるならいいとは、ひとえに言えないと、他のお子さんを見て知っているから。

閉じたママ

会ったことはないんだけれど、とにかくママ達と馴れ合わないというママもいるらしい。

圧倒的に少数で大抵明るい人が多い障害児ママだが、全く他のママと絡まない人もいると聞いた。

分かる気がする。

暗くなってしまえば、とことん暗くなるものだ。

比較して落ち込もうと思えば、本人でもどうにも出来ないでずっと落ち込んでしまえると思う。

そしたら、人と関わるのも煩わしく感じるのかも。

ハンデっ子を育てるってキツイ面もあるからなぁ。

SOSを言う

あと思うのは、辛い時は辛いーって言える個性は、得だと思う。

前述した社交的かつ行動的ママは、そのへん、対外的なので、SOSも素直に人に言えそう。

私は、その辺、全くダメで、ギリギリまで一人で抱え込むタイプだ。

前職場でも子供が難病であることを、直属の上司と総務にしか言わなかった。

我ながらそこは、閉じた性格だと思う。

でもねー、ハンデっ子がいるならそんで、苦しくなってたりしたら、辛いーって言える人がいるに越したことはないよね。

結局、学生時代からの親友には言ってた。

子供もいない独身の友人だが、友達は宝だねぇ。

やはり、ママ友とは違うよなー…。

あぁ、何だか今日もまとまりがない記事になってしまった。

最近、趣味(ゲームや本)に忙しく、ブログは後回しだわ。

自分の世界を持つのも大事なことだが、いざという時に、話が出来る人がいると尚よし、だよね。

もっともっと、社交性を身につけるべきだよなぁ…と思う。

本日も、最後までお読み頂きありがとうございました(ΦωΦ)

介護と障がい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
nekomamaをフォローする
スポンサーリンク
猫山さんち

コメント

タイトルとURLをコピーしました