スポンサーリンク

台風19号がやってきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは\(^o^)/猫ママです。

台風で、戦々恐々する1日…について今日は書きます。

(最近、ドラクエとMOONと十二国記で忙しくってブログ書く気が起きない)

ふふふ。

スポンサーリンク

共用廊下の虫かごを片付けて欲しい

土曜日に台風がやってくるというのに、前日になっても片付けられない、虫集め小僧たちの虫かご。

猫パパは、気になるのか、ちょいちょい外へ出ては確認していた。

猫パパ「まだ、虫かご置いてあるよー。もう片付けて欲しいなあ。」

猫ママ「まだ風も強くないし、そのうち片付けるっしょ。」

猫パパ「そうだといいけど」

翌日の土曜日になって、猫パパは、再び外へ出て確認しに行った。

よほど気になるらしい。

猫パパ「ねー、まだあるよ。危機意識ゼロか。」

猫ママ「まあ、来るのは午後だしねえ。そんなに気になるなら、ピンポンして、片付けてくださいって言ったら?」

猫パパ「はーーーーん?台風来ても平気だと思ってるのかなぁ…ブツブツ

虫かご…というかあれは水槽というべきか。

一人2つどころか、四つくらいになってた。(虫集め過ぎて増えたか?)

それから、またまた見に行った猫パパ。

暇か。

おそらく4回は見に行っていた。

猫パパ「やっと片付いてた」

猫ママ「良かったねぇ」

猫パパ「あれ、風で飛んだら本当に危ないんだよ。凶器になるんだから。」

猫ママ「そうよね。今回は特にヤバイよね。良かったね。」

避難警報メールが来る

猫ママが住む地域は大丈夫だったんだけど、同市内の川の側や山の近くに避難勧告や避難指示が出ていた。

それが、頻繁にスマホにくる。

ピロリロリンピロリロリン♪

猫ママ「今の何!?」

猫パパ「避難警報だ。」

猫ママ「びっくりした。焦るわ。」

それから、まー、1日中、鳴りっぱなしなんだわ。

鳴るたびに焦る。

川が氾濫の危機。

土砂災害の危機。

猫ママ「おかと避難するの無理だわーー。猫もいるー。」

猫パパ「確かに。」

猫ママ「もう日本はどこに住んでも安心出来ぬわ。」

猫パパ「まあ、新居は川も遠いし山もないから大丈夫!」

猫ママ「そうねぇ。」

強くなる雨風を時々、窓越しに見た。

1日引きこもりでいた。

車通りも午後から少なくなり、近くのショッピングモールとかは終日休業。

スーパーや飲食店も午後から休業。

事前に分かっているから台風は、備えられるが地震とかは無理だなー。

戦々恐々…お風呂も早く済ませたが

もし、電気や水道が止まったら、お風呂に入れない!ということで、お風呂も早く済ませた。

お水をお風呂に張ったし(トイレの為の水)ヤカンにお水を入れておいた。

ご飯も炊いておいた。

そしてついにやってきた、台風。

雨も風もひどい!…と言いたいところだが、

そうでもなかった。

猫山さんちが住む地域は、たまたま運が良かったのか、通り過ぎて行っても電気もガスも水道も止まらずに済んだ。

ニュースよりも早い、地元民によるツイッターを見ていたら、結構な数の堤防が決壊していた。

同市内でも避難生活をしている人たちが、一定数いる。

コレは単に運がいいだけって気がした。

カップラーメンや水やらは、結局、使わなかったが、使う可能性も十分にある台風だった。

恐ろしい。

備えあれば憂いなし

電池とか水とか、やはり備えておいた方がいいよね。

いつもはある電池が、ドラッグストアの売り場になかった。

カップラーメンの棚もペットボトルの棚も、ガラガラだ。

いざという時、皆、買い占めるしね…。

ということで、かなり防犯意識が高まったよ。

防災グッズを考えてみようっと。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました(ΦωΦ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました