スポンサーリンク

赤ちゃんからリハビリを受ける

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは\(^o^)/猫ママです。

またまた、更新をさぼっている間に師走ですー。

このブログ、どういった方に需要があるかわからないが、なるべく頑張っていきたいなー。

それにしても、瞬足で過ぎる一年よ。

人生、早すぎる。

最近、思うんだ…。

やっぱり、難病児を抱えて、正社員は無理だったなと…。

もったいなかったけどなぁ…。

こうも、通院が多いと、やっぱり難しかっただろうよ。

さて、今日は、赤ちゃんからリハビリの話。

スポンサーリンク

リハビリ先で不躾な視線

先日、リハビリへ行った時、不躾な視線を感じた。

リハビリへ来る子供というのは、何かしら問題を抱えているものだ。

大抵の障がい児の親というのは、障がい児を見馴れているものだと思う。

だから、リハビリを受けに行って、やたら見られる経験というのは少ない。

まあ、ちらっとならあるけど。

大体の親は自分の子供のリハの様子を伺っているものだ。

だが。

昨日は明らかな、目線を感じた。

無礼な。

そう思い、見返すと、思い切り視線をずらす。

そして、しばらくするとまた見てくる。

おかに、とても興味があるのだろう。

何なんだ。

自分の子供を見てやれ。(お前もな)

やたら見てくるので、そのお母さんの子供を逆に見ることにした。←

まだ、小さい。

1歳になるかならないかの赤ちゃん。

座位をとったり、うつ伏せをさせられたり。

PTのようだった。

赤ちゃんからリハビリを受けるということ

思えば、我が子、おかは生後5か月くらいからリハビリを開始した。

小さな小さなおかは、リハビリを泣きながら受けていたっけ。

過敏が、あったのだ、多分。

触られることにも、姿勢を変えられることにも…恐怖がおかにはあった。

目の前の赤ちゃんも、最初こそ大人しくリハビリを受けていたが、途中からギャンギャン泣き始めた。

お母さんは、おかをちら見する余裕もなくなってきた。

見れば見るほど、自分の子供が赤ちゃんの時と重なるように見えた。

体幹の弱さ。

フニャフニャな感じ。

似ている。

赤ちゃんからリハビリを受けるということは、既に、疾患がはっきりしてるということだろう。

お母さんは、まだリハビリを受けさせ始めたばかりで、障がい児を見慣れてないのかも。

だから、おかを観察していたのかな?

他人の子を見て未来を思う

病院での出来事を、我が夫に言う。

猫パパ「そりゃあ気になるんじゃないの?自分の子供も大きくなったら、こうなるのかなって思って見ていたんじゃない?」

猫ママ「そっかー。でもあんなに露骨にじーっと見られたの初めてだったよ。」

猫パパ「まあまあ、いいじゃない。気になるんだよ。」

気になるのは分かるがねぇー。

首を回してまでガン見するのは、あかんと思うよ。

明らかに振り返って見てたもんね。

まぁー、センシティブな時かもしれない…。

我が子は、運動発達に問題があり(赤子の時から)それがもうメインで、他にも病的な問題がいくつかある。

病気と障がいが一緒にある。

歩けない。話せない。

悪くなってくる内部障害…。

なんかここまでくると、もう、異次元過ぎて健常児を見ても障がい児を見ても、何とも思わなくなってきてる。

でも、赤ちゃんの頃はそんなことなかったな…。

リハビリすれば追いつくんじゃないかと本気で思っていた。

やれるだけのことをやれば、と。

赤ちゃんのリハビリを見て、過去の自分を思い出した。

あのお母さんも、今が1番必死な時か…。

赤ちゃんの時はまだ諦めがつかないよね…。

その赤ちゃん、まだ寝返りが出来ないようだった。

そういう一つ一つの発達が、いちいち気になって仕方がなかったあの頃。

最近では、諦めの猫ママ。

今、1番恐れているのが内部障害。

(´;ω;`)

血液検査の結果に一喜一憂する昨今。

まだ、幼児なのに。

あー、せつない。

健康って大事。

元気って大事。

(TдT)

今日のぬこたち。

デロンギに群がる。

いつもじめっとしてる猫山。

じめっと猫山。

巨大猫にゃんまる。

猫団子。

我が家の健常にゃんず。

癒やされる。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました(ΦωΦ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました