スポンサーリンク

謎の美人な隣人

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは(^o^)猫ママです。

新しい家は快適過ぎる。

この酷暑にも関わらず、エアコンはそんなに頑張ってなくても涼しい。(26℃設定よ)

家の断熱性とエアコンの性能が、賃貸よりはるかにグレードアップしたんだろう。

アパートで使用していた扇風機の出る幕がない。

思い切って購入して良かった。

おかの介護もラクラクだし。

いいねぇ。

さて今日は、謎の隣人の話。

スポンサーリンク

挨拶に行ったら、若い美人な奥さん?が出てきた

引越したばかりの頃、隣のお家に挨拶の品を持って行ったら、美人な女の人が出てきた。

ゆるーいウェーブのかかったヘアスタイルに、細身の身体。

20代半ばから後半くらいの若いお姉さんだ。

アラフォーの私からしたら、キラキラで眩しかったぜ。

猫ママ「あの、隣に引越してきました猫山です。よろしくお願いします。」

と言ったら、

美人な隣人「はぁ…こちらこそよろしくお願いします。」

と言って、挨拶の品を受け取ってくれたのだが、にこりともせず、堅い表情だった。(絵は笑ってるが、実際は堅い表情)

猫ママ「あ、では失礼します。」

と言いおいてそそくさと立ち去った。

なんつーか、社交性のカケラもないな、というくらいの無愛想さ。

他の家の奥さんたちは、もうちょい笑顔だったのだが…。

そこで私は思った。

奥さんではなく、娘なのかも。

家で留守番していたら、挨拶に来られて不機嫌?

なんか、若そうだしなぁ。

そうに違いない。

猫パパの言うことにゃ

猫パパ「最近思うんだけど…、あの隣の女の人ってさー…、もしかして一人暮らしじゃないかな?」

2階建ての家に、女で一人暮らし?

猫ママ「はぁ?そんなわけないっしょ?第一、隣の人働いてなさそうだよ。」

我が街は田舎なので、車は必須である。一人1台が普通。

隣人の女の人の車は平日でも駐車されている。

猫パパ「それがさぁ、車はいつも1台しかないんだよ。あと、あの女の人以外に見たことない。」

猫ママ「帰って来る時も?」

猫パパ「うん。朝もね。だからさぁ、何だろうね。不思議だよ。」

猫ママ「お隣さん、働いてなさげだよ。車いつもあるし。あ、でも私、この前車あるの見た」

猫パパ「でも普段はないでしょ?未亡人?」

猫ママ「単身赴任じゃない?それなら分かる。」

猫パパ「まぁ、謎だけど、でも一人暮らしなら分かるんだよねー…あの高い塀の理由がさ。」

隣人の家は、私達より先に住んでいたが、我が家が建ち始めた頃、嫌に高い塀を作り始めた。

他のご近所さんとの敷居として、低い塀はあったのだが、更にその内側に高い塀を作り家をぐるっと囲ったのだ。

塀は恐らく2mくらいはある。

意味なくね?低い塀あるんだし…と思っていたが…。

猫パパ「女の人の一人暮らしならさ、あの高い塀も分かる気がするんだよね。不安感とか。周りと関わりたくないとかさ。」

猫ママ「なるほどー。謎味あふるる。確かに、何か暗い感じだったなぁ。元気ないっていうか。でもさ、どうやって生活してんだろね?やっぱ単身赴任じゃないの?」

猫パパ「うーん…愛人かもよ?」

猫ママ「愛人!そりゃー凄い。凄いね。それか未亡人で、保険金が降りたとかかな?何にせよ謎。」

猫パパ「謎。」

観察してみる

私は基本、暇なので、買い物に出かけるたびに、隣人の家をチェックしてみた。(ほんと暇だな)

一階のシャッターが締め切ったままの日(車はある)とか、不思議だった。

この晴天続きの日で。

猫パパもどうやら、観察しているらしく、一階は真っ暗で2階だけ明かりが付いていると言っていた。

2階だけ明かりなんておかしい。やはり一人暮らしだと力説していた。

高い塀があるので、正面を通らないと暮らしぶりは見えない。

何にせよ、謎である。

そして、この謎が解ける日はおそらく来ない(笑

もし分かったら、ブログに書くかも。

オチのない話でごめんです。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました(ΦωΦ)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました