スポンサーリンク

平屋の注文住宅 2千万の借金で新築一戸建てを買うことに

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは\(^o^)/猫ママです。

お家ジプシーを長々と書いてきたけど、ついにお家ジプシーに終わりが見えてきそう。

とはいえ、ここからがスタートラインでして…今から土地探し、設計打ち合わせ、銀行手続き…と始まる訳です。

中古住宅、中古収益物件、新築一戸建てを考えててきた。

中古物件のリフォームをメインに最初は頑張って探したが、どれもこれも、難がある中古戸建てばかり。

ついに、中古は諦めたよっ。

(詳しくはお家ジプシー中古内覧参照)

子供も大きくなってきて、いよいよ介護が大変になってきて、賃貸の狭い仕様に限界がみえてきたのが昨秋の頃。

リハ入院をして、身体の大きな車椅子の子を見て(中学生くらい?)あ、もうこれは大きなお風呂のある、バリアフリーの家が必要だ、と思った。

リハ入院先のお風呂は、スライドドアで、脱衣所もお風呂も大きめのお風呂。

ゆったりとした作りだった。

寝たきりの子供の介護をしやすい家。

それが、猫山さんちが家を建てる目的だ。

工務店には3ヶ所見積りを出してもらった。

いづれも、地元工務店のローコスト住宅だった。

3つ見積りを出して驚いたのは…価格がほぼ一緒だったということ。

つまりはこれが底値なのかな、という判断がついた。

もちろん、仕様も強みも設計も全て違うんだけど…最終的に、最後に足を運んだ工務店に頼むことになりそうです。

ローコストだから悪いということもなく、

無駄な宣伝費を省いていたり

設計を統一することで、設計費を削っていたり、

営業が設計士を兼ねることで人件費を削っていたり、

屋根材やお風呂などの設備を数社から見積りを出して、競わせることで価格が低いところで決めたり、

自社大工を雇うことで、工賃を低くさせることにしたり

…で、とにかく3社3様の企業努力が見られました。

それぞれ良かったと思う。

だが、結局、3社のうち、最後の工務店にしたのは、

同じ価格で高価な無垢材の家を建てられること

屋根材から壁材からサッシまで、かけるべきところにお金をかけ、削るところは削れるよう設計してくれたこと、

だろうか?

あとは…もういいかなと思ってしまった。

要するに、もう疲れた。

中古住宅は散々見て、悉く玉砕したし。

腹をくくって、頭金を入れて、2千万弱の借金をして、頑張ってローンを返していくしかないわ。

だって、どちらにせよ、介護の為のお家が必要だからね…。

田舎なので、土地は安い所で、車社会だけどある程度商業施設が2キロ以内にある場所を狙っていくつもり。

私も、専業主婦は卒業し、働かないと…って思う。

頑張るぞー!

ひーーーーーーー。

重いぞな。

頑張る(ToT)

最後までお読み頂きありがとうございました(ΦωΦ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました