スポンサーリンク

変人(ストーカー)に手紙を貰ったら?!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは\(^o^)/猫ママです。

実は体調を崩してしまい…つ、辛み。

毎日、1更新を目指しているのに、なかなかお家ネタが尽きてから、キビシイ。

やっぱり別なネタを探さなきゃなー。

ということで、今日は夜中更新。昨日2つ投稿しようとしたけど…間に合わなかった…(ToT)

今日は、ホントにどーでもいい思い出話をしようと思う。

思い出話なんだけども、誰かの助けになったら、いいな。1人暮らしの女性に。

トラブルはいつ来るか分からないよ!

スポンサーリンク

アパートの扉の郵便受けに、切手なしの茶封筒。ストーカーからの手紙。

猫ママがまだ独身で、一人でアパートに住んでいた頃の話だ。

1kの古いアパートは、2階建てで、洗濯機は外置きだった。20世帯が住む、学生向けのようなアパート。家賃、3万円。

自分の部屋のドアの郵便受けに差し出された、切手なしの茶封筒…それが恐怖の始まりだった。

茶封筒は、糊で封がされており、開けてみると、パソコンで印字された明朝体の文字…。

以下、おぼろげな記憶頼りだけどこんな内容。

この前、あなたを見た。やっぱりあなたは、僕のタイプだった。面倒なことは言わない。僕と身体だけの関係になって欲しい。僕はあなたに興味がある。どうか、僕にメールを下さい。お願いします。」

そして、メールアドレスが、書かれてあったのだが…。

ナニコレ。

何なの。

おいおい、面倒なことは言わないって…かなり面倒臭いぞ。セ◯レになってくれって、頭ちょっとおかしいんじゃないか…。

それに…このアドレス、見慣れないな…。

日本で見るような、yahooとか、docomoとかじゃない。

多分、異国の人だ…。

パニックになった私は、当時付き合っていた彼氏(後に夫となる猫パパ)に電話した。

猫ママ「かくかくしかじかで、何か変な手紙もらったんだけど!」

猫パパ「え?えーーー?!心配だね、それは。くれぐれも気をつけて!」

気をつけてっつってもー。

あぁ安アパートに住んでるから、こんな変な目にあうのかしら。

防犯ベルを3つ持たされる

猫パパが、次のデートの日に、私に防犯ベルを買ってきてくれた。

しかも、3つも。

猫ママ「え?こんなにいる?」

猫パパ「一つじゃ不安だから。もし一個が駄目でももう1個があればと思って。」

猫ママ「そっかぁー。」

とりあえず、いつでも鳴らせるように、自宅アパートに出入りするときは、肌身離さず持つことにした。

自宅に入る瞬間が一番緊張した。

いつ、どこで見られてたんだろう…。

一週間何もなし 友人に手紙を見せた結果

それから、一週間は何もなくてほっとしていた。

友人に手紙を見せたら、これちょっと調べさせてと言って、写真に撮った。

翌日。

友人「これ、アドレス調べてみたんだけど、中国の人っぽい。」

猫ママ「そんなのわかるんだ?」

友人「うん。気をつけてねぇ。」

猫ママ「うん。でも、まあもう大丈夫じゃないかなーって思ってる。だってあれから何もないし…」

友人「え?どうかなぁ。」

なんとなく油断していた。勿論、防犯ベルはずっと持ったままだったけども…。

2通目の手紙が投函される

油断していたら…とはこのこと。

なんと再び、手紙が投函されたのだ。

しかも、2通めの内容はもっと恐怖に満ちたものだった…。

まず、文字が、鉛筆を使って書かれており、しかも筆跡が分からないように工夫されていた。こんな感じ↓

そして、私の写真、として、やたらイケメンの顔写真が手紙に添付されていた。

こんなの、絶対ウソだろーっ。

どこかから拾った画像だろーっ。

内容はとにかく、前回よりヒドイものだった…。

長くなったので、次回に続く。

今日のにゃんず。

追いかけ回したら、なんにゃって顔された(-_-;)

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました(ΦωΦ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました