スポンサーリンク

変人(ストーカー)に手紙を貰ったら?その2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは\(^o^)/猫ママです。

梅雨が長すぎですなぁ。去年とは打って変わって寒いー。

すっかり体調不良に悩まされている、猫山さんちです。

さて、前回の続き。

スポンサーリンク

変人(ストーカー)からの手紙 2通め

前回紹介した文字で、書かれていた手紙の内容を公開。鉛筆を使用して書かれた文字。現物の文字もこれくらいの大きさ。結構大きいよねぇ。

ただ、現物は気持ち悪くて捨ててしまったので、朧げな記憶を辿って雰囲気だけでも伝えられたらと思う。

どうして、メールをくれないのですか?私の顔は、この写真の通りです。あなただって、1人で淋しいんでしょう?本当は、相手が欲しいんでしょう?面倒なことは言わない。きっぱり割り切った身体だけの関係になりましょうよ。どうか下記にメールを下さい。お願いします。お願いします。お願いします。

猫ママ「…………。」



や、ヤバイ。

こ、怖っ。

お願いされても…。

猫ママは、仲のいい2歳年上の従姉妹に連絡をした。

従姉妹「どうした?」

猫ママ「かくかくしかじかで、変な手紙貰った。どーしよう。」

従姉妹「警察行け!後は、引越しなよ!手伝うから!そこに居るのはヤバイよ。だってあんたの部屋知ってるんだから。」

猫ママ「そーする……。」

当時付き合っていた、猫パパにも連絡をした。猫パパ、ひどく心配していた。

まだ、付き合ったばかりの彼女がねぇ…変なやつに目をつけられるとはねぇ…。

警察に変人(ストーカー)からの手紙の相談に行く

さて、地元の警察へ行くと、持参していた二通の手紙をコピーされた。

婦警さん「こちらで一応コピーは保管させてもらいますね。」

猫ママ「はい…。」

婦警さん「まだこの手紙だけでは、警察が具体的に動くことは出来ないんですよ…。」

猫ママ「そうなんですね…。」

婦警さん「でもパトロールはしますんで。パトロールした時に、各部屋に黄色い紙を入れます。パトロールに警察が来たということを、手紙の差出人も知ることになります。これが、抑止力になるといいのですが。」

猫ママ「お願いします。一応引越しを考えてますんで…。実際、こういった方っていましたか?」

婦警さん「はい。いましたよ。」

猫ママ「やっぱり、引っ越される方が多いんですか?」

婦警さん「それはですねぇ、意外とそうでもないんですよ。やっぱりお金がかかるんでね…。」

猫ママ「そうですか…。」

パトロールの紙が部屋のポストに投函される。夜逃げ同然の引越し。

それから、部屋の出入りには細心の注意を払い、引越しまでの期間を過ごすことにした。

猫パパが、ペット可の部屋を見つけてくれ、契約を済ませた。

一週間の間に、3回くらいパトロールの紙が投函された。

新しい部屋の契約後、夜な夜な、新しい部屋に猫パパと一緒に荷物を運んだ。

大物(洗濯機、食器棚)を移動させる時には、従姉妹と旦那、猫パパと猫ママ総勢4人で最後の荷物の移動を終えた。

最初の手紙を貰ってから、2週間くらいで、引越ししたことになる。

まるで、夜逃げみたいだった。

結局、2,30万くらいお金はかかってしまった。

逃げるが勝ち

猫ママの場合、ストーカーではなかったかもだけど、住み続けていたら、ストーカー化していたんじゃないかと思う。

精神的に、アパートにいる間は気が気じゃなかった。ので、別の場所へ逃げたのは正解だったなぁと。

やっぱり逃げるが勝ちです。

得体の知れない人に、目を付けられたら。

最後に、不動産屋さんに、部屋の解約手続きをしに行った時に、理由を説明したが住人の情報は一切教えてもらえなかった。

守秘義務があるからだ。

やはり、自分の身は自分で守るしかない。

以上、変人(ストーカー)に、手紙を貰ったら?でした。

最後までお読み頂きありがとうございました(ΦωΦ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました