スポンサーリンク

就学の話 支援級か支援学校か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!猫ママです。

今日は真面目な就学の話。

我が子のことではなく、聞いた話。

ふふふ。まだネタがおかにはないの。

スポンサーリンク

支援級か支援学校か

支援級か支援学校かで、悩むママを過去に見てきた。

私は…そんな悩みを持つまでもない、重度の重複障がいを抱えた子供を持つから他人事なんだけどね…。

どうせ、支援学校でしょ?みたいな。

だから、どっちかで悩めるなんて凄いことだね、と思う。

同じく、重複障がいを持つママ友も、

「別に、支援学校以外の選択肢ないよねー。悩んでもいないし。なのに何を相談するんだろう?って思う。」

とも。

そうなのだ。

支援学校以外の選択肢はないと思っているし、けれどもとりあえず、就学相談は受けねばならないらしい。

な、ぜ?(゚∀゚)

ちなみに、私はまだ受けていない。

まだ、時間あるしいーや…って思って。

で、先輩ママのお話。

先輩ママのお子さんは、知的障がいだけで歩行も可能だ。

だから、子供には、普通小学校の支援級が希望だったらしい。

その知的障がいが、どの程度かは、正直分からなかったが、よくママが追いかけてたりしていたから、

まー大変なんだろうな

くらいには思っていた。

その先輩ママのお子さんと、使っている児童ディが一緒だったから、クリスマス会で再会した時に、小学校は、どうなったか聞いてみた。

支援学校に行ったか、支援級に行ったか?

そしたら、驚くべき答えが返ってきた。

普通小学校の支援級

聞いてみると…。

先輩ママ「地元の学校の支援級に行ってるよ。」

猫ママ「へえ、良かったじゃん。」

なんとなく、支援学校か支援級で迷っているママに言うセリフは、これが正しいと思って反射的に答えていた。

先輩ママ「でもねー、付き添いなの。毎日。

猫ママ「え?どういうこと?」

先輩ママ「学校にずっと付き添い。朝から夕方まで。大変だよ。」

猫ママ「えー?そうなの?そりゃあ大変だね。えーー疲れそう。」

先輩ママ「疲れるよー。」

恐るべし。

普通小学校の支援学級になっても、付き添いなんてあるの?

いやー無理無理。

頭が下がる思いだわ。

もし私が、彼女の立場なら、まー、諦めるわ。

一日学校に付き添いなんて、ハードルが高い。

だったら、支援学校でいいよって思ってしまうよ。

肢体不自由児でも支援級に

他にもっと先輩ママ(お子さんは成人してる)のお子さんは、肢体不自由児であっても普通小学校の支援級に在席していたという。

同じく、一日中、付き添いで。

す、凄いなと思う。

肢体不自由児で、知的にも障がいがあって…それなのに普通小学校在席していたなんて…。

子供の環境は親のパーソナリティにもよるとは思う。

けどね。

ごめん、私には無理だわ。

なんか、もう無理をしたくない。

努力してもある程度の現実はあるし。

ただただ、愛されるキャラであって欲しいとは思う。

唯一、おかの得なことは…

整った美しい顔!

もう、その整った美しい顔で、笑顔でいれば可愛がられるよ。

(親の欲目もあるが、整った綺麗な顔だとは、何人にも言われたことがある。そーじゃろう、そーじゃろう)

おかよ…、どうか大きくなっても美しい顔でいておくれ。

どんなに悪態をついても、顔が美しければ許されるかも、しれない。

寝顔なんてまさに天使♥←親バカ

今日の猫山。

デロンギの側も好き\(^o^)/

本日も最後までお読み頂きありがとうございました(ΦωΦ)

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
nekomamaをフォローする
スポンサーリンク
猫山さんち

コメント

タイトルとURLをコピーしました